TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  7月のごあいさつ

7月のごあいさつ

7月のごあいさつ

6月は初夏から梅雨をとばし盛夏となりました。



虫取りのイラスト





6月21日より梅雨となり、季節に振り回され大変でございます。









地球温暖化による海水温の上昇で近年線状降水帯の発生(次々と発生する発達した積乱雲)が列をなし、









数時間にわたって強い降水帯で土砂災害など大規模災害につながり、局地的な豪雨が起こります。










各地で災害を受けられた方お見舞い申し上げます。










災害の多い日本でしっかり準備をして災害に備えましょう。




真剣な顔で地図を見ている家族のイラスト




気温の寒暖差がありますが、皆様お元気ですか?








今回は夏に多く発生する感染症を取り上げました。





感染症のイラスト




人から人にうつり、子供にかかりやすく、家庭内に持ち込まれると大人も感染します。








いずれも手洗い、うがい、マスクをして、タオルを共有しないよう予防策をとって下さい。









夏の三大風邪(ウイルス)







ヘルパンギーナ(エンテロウイルス)    夏風邪の一種。突然の高熱。喉の奥に出る水疱。





手足口病(エンテロウイルス)      口の中、手足を中心に水ぶくれが出て、喉の痛み、高熱。






プール熱(アデノウィルス)       咽頭結膜熱。高熱、喉の痛み、結膜充血、腹痛、下痢。







レジオネラ菌         人から人への感染なし





以前温泉でレジオネラ肺炎でなくなったことが報道されました。




レジオネラ菌は浴槽や冷却器の配管に侵入して衛生管理が不十分で繁殖することがある。





温泉、公衆浴場、プールなどでは、基本対策が義務付けられているので、過度の心配なし。








夏に多い食中毒





O-157    特に注意したい
        (腸管出血性大腸菌)



        火の通りの悪い肉などが原因。十分な加熱が必要。

                 人から人への感染あり



サルモネラ菌      卵や生ものに注意
              熱に弱い菌




              自然界にも広く生息する細菌で手指やまな板、包丁などを介して二次感染。
              加熱、消毒に心掛けが必要。





ウェルシュ菌    加熱しても死なない菌
   


            カレーやシチューなどの大量調理、ゆっくり冷える時に急激に増加し、大量の毒素を産生。
            作り置きせず、冷蔵庫、冷凍庫など入れ、早く食べる。






カンピロバクター     発生件数が多い




               鶏や牛、豚などの腸管内に生息する細菌で生食や半生の摂取は避けましょう。







ウイルス、細菌に負けない体作り、免疫力を高めるよう心掛けましょう。









菌をつけない、増やさない、やっつけるを習慣化しましょう。



細菌・ばい菌のイラスト「困った顔のキャラクター」





7月の生薬は日本を代表する三大薬草の一つのどくだみを取り上げました。









漢方では十薬と呼ばれる万能薬です。









白い花びらのようなものは葉が変化してできたもので、









花は中心に立つおしべ、めしべのシンプルな構造の小さな花がぎっしりついています。









花は暗い緑色のハート形です。








解毒薬として有名です。









生の葉を腫れ物に外用すると効き、蓄膿症には葉の汁を鼻に入れる為に煎じた液で洗浄すると良い。









乾燥すると通便、降圧、利尿作用があり、ドクダミと25℃前後のホワイトリカーをつけます。









虫よけ効果、殺菌作用があり、かゆいところに塗るとかゆみも取れます。









肌の弱い人は水で薄め、スプレーとして使用します。








ゴキブリが嫌いな臭いとされています。








雑草でどこにでも生えています。









 ドクダミ

ドクダミ に対する画像結果




ドクダミ科     多年草




独特の臭気がある



その薬効ゆえに庭先などに栽培されている




主要成分    デカノイルアセトアルデヒド





生薬部位     全草


十薬 生薬 に対する画像結果



生薬名      十薬(ジュウヤク)



7〜8月頃(花の咲く頃)天日で1日乾燥後日陰干しする






主な薬効     利尿、抗菌





漢方処方     五物解毒散(ごもつげどくさん)







梅雨が明けると本格的な猛暑がやってきますので、









体調を崩されませんように冷たいもの、冷房で体が冷えすぎように注意し、









お風呂にしっかり浸かり、御自愛の程お願いします。

 

プールで遊ぶ人達のイラスト

 

2024-07-01 12:51:00

 
PageTop