TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  6月のごあいさつ

6月のごあいさつ

6月のごあいさつ

梅雨入りを前に木々の緑がいっそう深まってまいりました。




紫陽花とカタツムリのイラスト(ぴょこ)




皆様お元気ですか?









温度やカビ対策をして、生ものは控えて、気持ち良く梅雨を乗り越えましょう。









熱中症にも注意が必要です。









湿度が高く、風が弱く、気温が高いと「熱中症」の要因となります。









体の要因として、二日酔いや寝不足といった体調不良、









脱水症状など体内の水分や塩分などのバランスが崩れたりして、









体内の調整機能が正常に働かなくなることで体内に熱がこもり、体温が異常に上昇することで発症します。




室内で熱中症になっている人のイラスト




行動の要因は激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、









暑い環境に体が充分に対応出来ないことにあります。









対策としては、扇風機やエアコンを使って、温度調整をしたり、


扇風機のイラスト






カーテンやすだれなどで室温が上がりにくい環境を作り、









熱中症になる前よりこまめに水分を取りましょう。









スイカは水を飲む代わりにスイカを食べれば、汗が失われる他、




スイカを食べる人のイラスト(男の子)



水分やミネラルを効果的に摂ることが出来ます。









スイカ、バナナはカリウムを多く含んでいて、暑い季節にふさわしく、









カルシウムは体温調整に関連した細胞機能に必要なミネラルです。









豚肉や豆腐、味噌といった大豆製品、モロヘイヤや玄米などに含まれるビタミンB1、









赤ピーマンなどカラフルな夏野菜に多く含まれているビタミンC、









梅干しや酢、レモン、グレープフルーツなどに含まれるクエン酸などをバランス良く取りましょう。









熱中症予防に適しない飲み物として、アルコール、コーヒー、お茶など、









アルコールには利尿作用があり、摂取すると排尿の回数が増え、









飲んだ量以上に水が失われてしまいます。









暑い中のビール、酎ハイなどは最高に美味しいですが、控えめにして楽しみ、休肝日を設けましょう。



ビールを飲んでいる中年男性のイラスト





アルコールはかつて、「酒は百薬の長」と言われていました。









一定の健康効果が報告されていましたが、









現在では飲酒は適量というのがないと考えられています。









飲酒は安全域がないという声明が出されたほどです。









アルコールは睡眠の質を下げ、睡眠薬との相性が悪いです。









常習飲酒はしないようにし、過剰飲酒は避けるべきです。




アルコール中毒のイラスト




肝臓は全体の健康を維持する為にとても重要な働きをします。









肝臓は痛みを感じる神経が少ない為、症状が分からないゾーンです。









肝臓の病気は肝炎ウイルスやアルコール薬物など









様々な病原体や化学物質によって引き起こされますが、









慢性化すると肝硬変や肝ガンなどになり、死に至ります。









もう少し考えてみてはいかがでしょうか?









ウイルス性肝炎が予防や治療の確立によって減少しつつあります。









一方、脂肪肝から起こる脂肪肝炎が著しく増えています。









日本では成人の3人に1人は脂肪肝とも言われています。









アルコール過剰摂取は脂肪肝の原因として有名ですが、









ほとんどお酒を飲まない人でも肥満や糖尿病、脂質異常症、









メタボリックシンドロームによる非アルコール性脂肪肝が増えているので要注意です。









脂肪肝炎のうち、10~15%は脂肪肝により肝硬変が進行したり、肝ガンを併発したりします。









バランスの良い食事を心掛け、炭水化物もタンパク質も一定の割合で摂る必要があり、









食物繊維を多く含む野菜や発酵食品を取りましょう。


食物繊維のイラスト(栄養素)






今月6月の生薬の花は夏を代表する花ハマボウフウです。









皆さんがよく知っている漢方薬の防風通聖散の生薬のボウフウです。









生でも食べられます。









懐石料理に欠かせない高級野菜、刺身のつまやお正月の雑煮のあしないなどに使われます。









海岸の砂地に普通にある多年生草木で、黄色の根茎と根は砂中に深く伸びます。









茎は短くて根元から出る葉には紅紫を帯びた長い柄があり、









2回3出複葉で砂土に広がっています。









6~7月に小白花を密生します。









6月の生薬






ハマボウフウ  


ハマボウフウ に対する画像結果


セリ科     多年草






朝早く花が咲き、夕方にはしぼむ





生薬部位      根及び根茎

ハマボウフウ 生薬 に対する画像結果



生薬名       ハマボウフウ(浜防風)





主要成分      インペラトリン





主な薬効      解熱、鎮痛





漢方では発汗、解熱、鎮痛、鎮痙の為に用いられる







漢方処方







十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)






荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)






防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)








清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)








長雨の季節でもありますが、五月晴れの空のように








皆様のお気持ちが晴れやかでありますようお祈り申し上げます。




あじさいと女の子と男の子のイラスト

 
 

2024-06-01 14:03:00

 
PageTop