TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  2月のごあいさつ

2月のごあいさつ

2月のごあいさつ

春が待ち遠しい時期となりました。




コタツでくつろぐぴょこのイラスト




皆様、お元気ですか?









お正月に能登半島地震が起こり、広範囲で家屋倒壊や津波被害があり、








活断層による地震で地盤隆起4mとのことです。








6000年間で最大規模で地形も変わりました。









お正月の中、大変辛い思いをされ、お悔やみとお見舞い申し上げます。









人間は自然災害の前では本当に無力です。








もう少し人間は自然に対して謙虚で森林の伐採をやめて、









自然を大切にしましょう。





綺麗な地球のイラスト(環境問題)

また、リニアモーターカーは地下1400mにトンネルを通すとのことですが、心配です。









冬の災害は「低体温症」のリスクが高まり、二次災害にならないよう心掛けたいです。









低体温症:深部体温が35℃以下の状態を指し、深部体温は体の表面や指などの体温とは異なり、
     脳や心臓など生命を維持している臓器の温度






低体温の原因にはストレスによる自律神経の乱れ、運動不足や加齢による筋肉量の低下、









低温環境に長時間身を置くことなどがあります。









通常、体温1度下がると免疫力が30%落ちると言われます。









熱中症と同じくらい危険です。








漢方では腎は冷えに弱い臓器です。



腎臓のアイコン(内臓)





冬の寒気は「腎」つまり膀胱、泌尿器系の症状として表れやすいです。









しっかり冬の冷えから体を守らないと老化を促進します。



寒気・悪寒のイラスト(女性)




肉、魚、卵などたんぱく質を含む食品は体温を上げます。









料理で使うにんにく、生姜、玉ねぎ、大豆、パセリ、山椒、シナモン、八角、松の実は体を温めます。









他にねぎ、ピーマン、人参など「腎」に良い食べ物で精をつけると良いです。









腎が弱ると免疫力の低下、抜け毛、白髪、脳機能の低下などが起こり、









老化現象が進んだり、病気にもかかりやすくなります。









生命の源である「精」は「腎」に蓄えられるとされています。









「腎」を活性化させ、若々しく元気な状態を保つことが出来ます。









黒豆、黒ゴマは長寿として有名です。


黒豆のイラスト






黒い食べ物には抗酸化作用を持つアントシアニンやクロロゲン酸などのポリフェノールを豊富に含んでいます。









目に良い成分として知られているアントシアニンですが、病気や老化の原因による活性酸素を取り除く為、










免疫力の向上やアンチエイジングに良いと言われます。









冷えは万病のもとです。体を暖かくして、冬を乗り切りましょう。









2月3日は節分です。


恵方巻きを食べる人のイラスト




季節の分かれ目で「立春の前日」を意味します。









季節の変わり目は邪気が入りやすいと言われ、豆まきで「鬼は外、福は内」と




豆まきのイラスト(節分)




大きい声を上げて邪気を払って下さい。









皆様のお家に福が入りますようお祈り申し上げます。








2月の生薬はイノコズチです。漢方名では牛膝(ごしつ)と言います。









節のところが牛の膝に似ていることから牛膝(ごしつ)と名付けられました。









夏から秋になると里山歩くとよく衣服などにくっついてやっかいでした。これが引っ付き虫です。









牛膝の効果は血の巡りを改善し、瘀血による月経痛や打撲の腫脹疼痛などがあります。









湿熱が溜まった状態による下肢の関節痛、しびれなどに効く「八味地黄丸」に









牛膝と車前子という生薬を加えたものが「牛車腎気丸」(ごしゃじんきがん)です。









はイノコズチの牛膝。は車前草(オオバコ)の車でともに浄血や利尿剤です。









これらの処方は全て腎臓に関係ある処方です。








腎臓を補って、少しでも老化を遅らせることが寿命までいられるコツです。









ヒナタイノコズチ



ヒナタイノコズチ に対する画像結果



ヒユ科       多年草







夏から秋にかけて緑色の小花を穂状につけ、やがて実を結びます


実がとげを持っているので、衣服につく




茎が四角形で全体が毛に覆われている


茎の節に虫(イノコズチウロエタ)が入って茶色な虫コブができる







生薬名   






ゴシツ(牛膝)  


牛膝 生薬 に対する画像結果





使用部位       根





成分        エクジステロン(ステロイド) 
           トリテルぺノイド、サポニン


9~11月に根を採集    湯通し後に乾燥








漢方では通経や利尿、関節炎や腰痛のために用いられる









漢方処方






疎経活血湯(そけいかっけつとう)






牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)






牛膝散(ごしつさん)






芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)









三寒四温の時節柄、寒暖差が激しい折、何卒体調管理にご留意下さいませ。




節分の豆を食べる子供のイラスト


 

2024-02-01 12:41:00

 
PageTop