TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  12月のごあいさつ

12月のごあいさつ

12月のごあいさつ

冬晴れが心地よい師走の候、







コロナ禍、お健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?







暗い世の中、サッカーW杯で、







ドイツに逆転勝利で元気を貰いました。







暗くても生きている時間は同じなので、







明るくして行きましょう。







楽しくない時でも大声で笑ったり泣いたりするのは、







体に良いことです。







院長は11月に脊柱管狭窄症のレーザー手術をし、







結果良好でございます。







皆様には御迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。







術後1週間後にリハビリを始め、







院長のリハビリは、私の責任でもあると患者様から言われ、







また、「先生元気になって、最後までずっと見て下さいね」と言われ、







心を動かされ、毎日頑張っております。







冬に向かい、寒さで冷え、疲労、ストレスが溜まりやすく、







乾燥しがちになります。






ウイルスは乾燥が大好きなので、湿度も必要です。







寒さで換気も不十分になるので、クラスターが発生しやすく、







コロナ、インフルエンザ、風邪にかかりやすい季節です。








その為免疫力を上げるには、







低体温にならないよう食事のバランスは大切です。







冬は果物では、りんご、みかん、レモン、キウイフルーツが旬、







野菜では、白菜、ほうれん草、大根など旬です。







寒さで凍らないよう細胞に糖を蓄積する為、







冬野菜は、甘くて美味しく感じます。







ビタミンやカロチンなど栄養価が高い為、免疫力を高めます。







お鍋などして体を芯から温め、寒さを乗り切りましょう。







行動制限がないので、年末年始はコロナ第8波が来るようです。







帰宅後、手洗い、うがい、三密を避け、必ず換気をしましょう。







ウイルスは乾燥を好むので、湿度を保ちましょう。







腸内環境を整え、質の良い睡眠、適度に体を動かしましょう。






12月の生薬の花はつわぶきを取り上げました。







花言葉は「困難に傷付けられない」です。







つわぶきは真っ直ぐに茎を伸ばし、凛と立ち、







黄金色の花は冬を明るく彩り、冷たい雨に打たれても、







鮮やかさを保ち、陰でも育ち、







こぼれ種でいつの間にか増え、







冬の寂しい庭を元気にさせてくれます。







12月の生薬







ツワブキ







キク科      常緑多年草







晩秋から冬にかけて菊に似た一重の黄金色の花をつける







生薬の部位    根茎    タクゴ







成分     ヘキセナール




強い抗菌作用、健胃、食中毒、下痢に対する効果があります







心忙しい年の暮れ、何かとご多用とは存じますが、







何卒お気を付けて、年末をお過ごし下さいませ。


 
 

2022-12-01 12:46:00

 
PageTop