TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  1月のごあいさつ

1月のごあいさつ

1月のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。









令和4年寅年ですね。









今年は例年と違い、寒さが厳しく感じられます。










コロナが収束しているかと思うと、新たなオミクロン株が日本でも感染し始めました。









新年を迎え、心を引き締め、今まで通り対策していきましょう。










体の冷えによる血流障害は健容と美容の大敵です。









冷え、疲労、ストレスにより風邪、インフルエンザ、コロナなどにかかりやすくなります。










また、目まぐるしく変化する社会環境などから受けるストレスが









免疫」のシステムに影響を及ぼしているかと思われます。










免疫力アップの4つのポイント





①低体温を防ぐ



人の体は36度5分くらいで免疫力が発揮出来るようになっています。

食が免疫力を高める為の基本です。

発酵食品、鶏肉、牛肉、豚肉、豆など食べ、代謝を促すことで体温を高めることに繋がります。

バランスの良い食事を取りましょう。







②腸内環境を整える



腸と脳は密接な関係があり、脳と腸は神経系を通して連携しております。

ストレスケアに配慮すれば、心、身体、腸のより良い環境を生み出せる可能性があります。

怒りは体によくありません。

腹を立てる、腹の虫が収まらないと昔から心(脳)と腹(腸)は関係があると物語っています。







③質の良い睡眠



睡眠中は傷ついた細胞などを元に戻そうとします。

良い睡眠が取れないと修復が上手く出来なくなり代謝が下がり、

集中力も低下し、免疫機能が働かなくなります。

お風呂に入って、体をほぐし、バランスの良い食事を取り、腹八分目にして、頭を空にして眠りましょう。





④適度に体を動かす



筋肉は体に必要な栄養を運び、免疫力もアップしてくれます。

筋肉は脂肪と違い、細胞を作るのに必要なエネルギーを蓄えておくことが出来ません。

少しずつでも体を動かして筋肉を増やしましょう。









お年寄りは特に骨折に注意しましょう。









骨が折れて、寝込むと筋肉量が少なくなり、歩けなくなります。









冬はまた乾燥しやすいので、換気、湿度を保ち、









手洗い、うがい、距離を取り、暖かくして、冷たいものを飲みすぎには注意し、









皆様良い年になりますようお祈りしております。









今回の生薬はお正月に飾る縁起の良い「ナンテン」を取り上げました。










夏に咲いた白い花は徐々に赤色になり、









冬になると真っ赤な果実を実らせます。









ずる」の語呂から縁起の良いもので









お正月飾りとして松や竹とともにお正月に飾られます。










ナンテンの葉を昔から赤飯などに添えてありますが、









これは南天の葉から出る成分で殺菌効果があるので腐敗防止の為です。










また生の葉を噛んでいると乗り物酔いをしないと言われます。









冬の生薬







ナンテン(南天)       メギ科




ナンテン  花  に対する画像結果



ナンテンの花の開花は6~7月頃

花を楽しむよりも赤い実をつける

晩秋から翌年の2月頃にかけて色の変化が楽しめます








生薬部位    果実    ナンテンジツ(南天実)





ナンテン  に対する画像結果





成分      ドメスチン、ナンテニン








果実は多肉質でなかなか乾燥しません



十分日干しで乾燥します



これが生薬の南天実です



適応   鎮咳薬として民間でぜんそくや百日咳、気管支炎などに用いる




漢方処方には使用されません。

2022-01-01 12:43:00

 
PageTop