TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  9月のごあいさつ

9月のごあいさつ

9月のごあいさつ

晩暑の候










猛暑にコロナ禍のストレスが加わり、梅雨のような大雨、










異常気象、東京五輪、緊急事態宣言が発令、










さまざまな事で頭を使いすぎて、脳にとっては過去最悪の環境となっております。










皆様いかがお過ごしでしょうか?










ストレスは、自律神経の乱れを起こし、脳にとっては二倍のダメージです。










脳がエネルギーを作る時、副産物として「」と「活性酸素」が生まれます。










脳は、働きすぎると熱くなります。










パソコン、スマホも長時間使うと熱くなり、オーバーヒートを起こします。










脳を使いすぎないように!!










また、活性酸素は細胞を酸化させ、










(白髪、毛が抜けやすく、物忘れなどを起こす)炎症を起こします。










老化を早める物質とも知られ、










過度のストレスや紫外線、たばこ、飲酒、車の排気ガス、電磁波などによっても発生します。










コロナに負けない免疫力作り、メンタルを強くもち、気分転換などをし、










腹八分目、適度な運動、質の良い睡眠を取り、脳をリフレッシュさせましょう。










この暑さの中、頭の熱を下げる為、頭をアイスノンなどで冷やすと、










寝入りやすくなるので試してみてはいかがでしょうか?










今回の生薬は夜に咲く花、ウリ科の「キカラスウリ」










(夕方暗くなってから開き、朝には枯れてしまう花)を取り上げました。











直射日光を遮るので、庭の夏のグリーンカーテンになり、温度上昇を抑えます。










ウリ科の植物は、夏の野菜、果物










(ズッキーニ、ヘチマ、トウガン、ゴーヤ、キュウリ、ウリ、 メロン、スイカ)などがあります。










①清熱作用(熱を除去する)があります。










②食べ過ぎると冷えるので、食べ過ぎには注意して下さい。










キカラスウリ(黄鳥瓜)









ウリ科










つる性多年草









花の色は白色、五枚の花びらは先端がレースのように裂けて放射線状に広がっている










主成分     トリコサント酸










使用部位    根       カロコン(瓜呂根)










主な薬効    血糖降下









漢方では止渇、解熱、鎮咳、排膿、天花粉の原料








漢方処方









柴陥湯(さいかんとう)










柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)









柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)










カラスウリよりも花も葉も大きく、実は7〜10㎝。
熟すと黄色く色付きます。









皆様気候不順ですので、御自愛下さいませ。
 

2021-09-01 17:35:00

 
PageTop