TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  1月のごあいさつ

1月のごあいさつ

1月のごあいさつ

新春とは名ばかりの厳しい寒さです。










皆さん明けましておめでとうございます。










いかがお過ごしですか?










コロナ禍の新年を迎え、










世界中でコロナという疫病に苦しめられています。










予防接種が認可され、特効薬が早く出来、










副作用がなく、終息が来る日を祈っています。










またその為、自分達自身が










かからないよう予防することが大切ですね。










奈良時代も疫病が流行り、たくさんの人が亡くなられ、










皆で大仏さんを建立することで終息するよう










一生懸命協力し合って建立したとのことを学びました。










今は、コロナを軽く見ているように思えます。










一人一人が自己防衛をし、










人に迷惑をかけないよう生きることが大切ですね。










コロナによる差別やDV、虐待も増加していることで










相手の立場になって考えましょう。










今は、自分のことばかり考えている人が多く思えます。










恐れるのは、人でなくコロナですね。










今回の生薬は難を福に転じるという










お正月にも飾られるナンテンを取り上げました。










ナンテンは、緑の葉と赤い実がめでたい為、よく縁起物に使われ、










赤飯の上にナンテンの葉をあしらう風習があります。










赤飯が腐敗しないという葉に赤飯の熱と水分によって










微量のチアン水素が発生し、解毒作用から使われます。










昔の方はえらいですね。










生薬では実、葉、根すべてが生薬として使われます。









1月の生薬










ナンテン









メギ科









常緑低木









生薬部位       実










南天実(なんてんじつ)           晩秋に霧が降りて陰干しにしたもの










アルカロド(ドメスチン)










効果           喘息、百日咳










葉     










南天葉(なんてんよう)        葉は8〜9月に陰干ししたもの










タンニン(シアネイト) 









効果      制菌作用、消炎作用










私は咳が出たら、まずは手洗い、うがいですが、










小さい頃から南天飴でしのいでいました。









よく効きます。









令和3年、皆様にとって良い年になりますようお祈りします。










これから寒くなりますので風に当たらないよう暖かくして、








ご自愛下さい。

 

2021-01-01 12:18:00

 
PageTop