TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  7月のごあいさつ

7月のごあいさつ

7月のごあいさつ

空の青さが夏らしい輝きを増してきました。









みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?










コロナと共存しながら、緊急事態宣言解除され、










一ヶ月が過ぎました。










自分が感染しているかもしれないことを自覚して、










マスクは必ず付けることは当たり前としましょう。











また、異常気象で地球温暖化もあり、










 ソ連北部のベルホヤンスクでは、最低気温ー67.8°C、最高気温38°Cで、











温度差は105°Cとなり、世界では大変なことが起こっています。










コロナの中での災害を考え、当たり前が当たり前でないことに










今、生かされていることに感謝します。











健康が一番です。











健康だったら何でも出来るので、










夏祭り、花火大会も自粛されていますが、











乗り切ってコロナに負けない体作りをしましょう。













冷房環境で気温差が大きい夏は、










お風呂に入って、血行を良くし、酸素と栄養が体に行き渡り、











二酸化炭素や老廃物が汗として排出されます。











疲れを溜めやすい夏こそ体を温めて、










疲れをリセットしましょう。







 



シャワー派の方も一度ゆっくりお風呂に入ってみてはいかがですか?











また、ビールが美味しい時期です。










冷たい物の取りすぎには気を付けて下さい。











食養生、散歩、ストレッチ、良い睡眠を取り、










コロナに負けない健康作りをしましょう。










7月の生薬はどくだみ(十薬)を取り上げました。











7月頃になると白い十字形の花を咲かせ、











葉は、さつまいもの葉に似ていて、先端は尖っています。










どくだみの生命力と繁殖力は他の薬草よりはるかに強く、










いくらむしり取っても生えてきます。










また臭気は昆虫も嫌うらしく、










虫喰いのどくだみを見たことがないです。










ヒアリ予防、食品の防腐剤としても開発されています。












しかし、この臭い匂いは乾燥すると臭みはなくなります。










どくだみ













どくだみ科










落葉多年草











主要成分   デカノイルアセトアルデヒド









薬効    利尿、抗菌、便秘









生薬部位     全草








漢方ではジュウヤクと言われている。










漢方処方    物解毒散(ごもつげどくさん)










暑さ厳しき折柄、くれぐれも御自愛下さい。












 

2020-07-01 15:40:00

 
PageTop