TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  2月のごあいさつ

2月のごあいさつ

2月のごあいさつ








梅のつぼみもふくらみ始めましたが
2月が1番寒く雪が多い月でもあります。




みなさんお元気ですか?



1月26日テニスの全豪オープンで大阪なおみ選手(21歳)が
ずば抜けた回復力と精神力、そして度胸で
ペトラ・クビトバ選手(28歳)を破って初優勝しました。











元気をもらいました。


なおみ選手は、チャーミングでキュートで大好きです。


これからも頑張って下さい。



今年はインフルエンザが猛威を振るっていますが
免疫力をつけていれば、また、栄養を取り
ストレスを抱えず、快眠で適度な運動をしていれば
恐れることはないです。












センター試験も終わり、今から受験シーズンです。




受験生の皆様、手洗い、うがい、栄養を取って
冷やさないように最善が尽くせるよう
お祈りしております。













風邪は季節や人によって異なり
症状が変化します。





感冒を治療する漢方薬は、驚くほど
多くの種類があります。




風邪などの病気の治療だけでも
傷寒論(しょうかんろん)」という1冊の
書物があるくらいです。









症状が異なれば、漢方薬も異なってくるので
その症状にあった漢方薬を服用しましょう。





生命力、抵抗力が低下した時や
ストレスなども関係してきます。





寒さなどの自然現象、血の停滞「瘀血(おけつ)」や
余分な水分痰飲(たんいん)」などで
胃腸の働きが、滞ったりするなど
また、人それぞれの体質も異なります。





自分にあった漢方薬を選んでもらいましょう。














余寒、厳しき折から、お身体を大切になさって下さいませ。














2月の生薬

スイカズラ



スイカズラ科


生薬

茎葉 :  忍冬


:  金銀花




スイカズラ「忍冬(にんどう)」は
寒い冬も耐え忍ぶことから
この名が生まれ、花は初夏に咲きます。





花は2個ずつ開花し、花の色は
最初、白色で、時が経つに従って黄色に変化します。












白花黄花が入り乱れて咲くことから
金銀花(きんぎんか)という名前といわれます。











忍冬(にんどう)










主要成分:タンニン、イリドイド配糖体


利尿、鎮痙、抗菌、抗炎症作用




忍冬は、浴剤として用いると腰痛や痔の痛み
湿疹、あせも、ただれによく
皮膚を美しく美容に良い。










金銀花










主要成分:クロロゲン酸、ルテオリン
消炎、抗菌、抗炎症、抗酸化作用





金銀花が入っている漢方薬



銀翹散(ぎんきょうさん)


中国の医学者「温病条弁(うんびょうじょうべん)」
に収載されている薬方です。


寒気のある風邪に葛根湯が効くのに対して
喉の痛い時に適しています。


この薬は、健康保険  適応外の漢方薬です。




私は喉が痛いと、桔梗湯(健康保険適用)
ぬるま湯で溶かし、うがいしたあとは
これを服用します。



甘草が入っているので
甘く飲みやすい漢方薬です。



私は 忍冬のように忍耐をつけ
笑顔で頑張れば、なんとかなると
信じています。
 






 

2019-02-01 00:00:00

 
PageTop