TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ»  11月のごあいさつ

11月のごあいさつ

11月のごあいさつ






大気が澄み渡る紅葉の季節となりました。


今年は、台風が4回も日本列島を
暴れ大変な被害にあいました。


自然の脅威を感じさせられます。




夏は、干からびる乾燥と暑さ
秋に入り、朝夕の冷えで体調は
崩されていませんか。











近年、紅葉の時期が遅くなっているようで
秋の行事でなくなってきた
といわれています。















この季節、夏 頑張って気合いを入れた方は
気を補わないと早起きできず、何をするのも
 おっくうになってきます。



この状態を漢方では、気虚(ききょ)と言って
そのまま放っておくと、血を作ることも
巡らすことも疎かになり、血虚(けっきょ)という状態に
なってしまいます。





血虚になると、頭の回転が悪く
動悸や不眠や手足のしびれ感が現れたりします。











又、月経に異常が起こることもあります。





太陽のエネルギーのもとで深呼吸し
天空の気をいただき、しっかり朝食をとりましょう。












地の気をいただき適度な運動をし、気分転換し
不安や抑うつ気分を
停滞させることのないようにしましょう。
 








11月の生薬は、秋の七草として知られる

葛(くず)をとりあげました。












葛は日本においては、和菓子や漢方で使われます。











 アメリカでは、日本の葛が驚異的な繁殖力で
グランドカバーに利用されているとのことですが
茎が長く伸びて、植物に巻きつき
樹木を枯らしてしまいます。





今は、モンスターと呼ばれ、アメリカの生態系を
崩壊させると、ニュースになっているのを目にしました。





近年、森林を伐採し、自然を破壊し
大量の炭酸ガスを排出し、地球温暖化になり
自然と人工的文化との加速度的な乖離(かいり)
また、コンピュータの進化が過剰すぎ
ついていけない現代となってきています。
















時間がなく、ゆとりがないように感じ
自然も人間も心配です。



もっとゆっくり時間を楽しみたいですね。




















11月の生薬


クズ 葛 マメ科









生薬に使われる部位:根 葛根(かっこん)




主要成分:プエラリン




主な薬効:鎮痙、解熱






葛粉からお湯で葛湯を作ります。










葛湯は、風邪の初期に効き目があり
寒気や熱をとり、喉の渇きや
風邪による下痢も止まります。











花(葛花)は、二日酔いにも効き目があります。







葛根が入っている漢方処方


葛根湯(かっこんとう)


葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)


桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)




ぞくぞく寒気がすると葛根湯
また母乳をあげているお母さんも
寒くなってきて、風邪の初期症状が出てきたら
服用すると良いです。





肩こりにも効き、乳腺炎予防にもなります。






まずは、健康によい食事体作り気分転換
良い睡眠をとり、免疫力をつけ
外出から帰ったら、手洗い、うがいをし
風邪をひかないようにしましょう。

















 

2018-11-01 00:00:00

 
PageTop