TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ

クリニックブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

10月のごあいさつ

さわやかな秋風に高く澄んだ空、










大きく深呼吸したくなる気持ちの良い季節です。










皆様お元気ですか?










体感や虫の声に加え、









キンモクセイの香りも秋の到来を感じさせてくれます。










秋は、収穫の時。










天地にみなぎる陽気を深く取り込み、










健康エネルギーを逃がさないようにしたいものです。










また涼しくなるとのことで、物悲しい季節でもあります。










秋の冷気を受けると肺を冷やし、鼻水、咳が出たり、










また乾燥しやすい季節なので、皮膚炎の悪化の季節でもあります。










東洋医学では「秋は肺が主る」季節です。










肺の病気が現れやすくなる季節です。










湿度が40%以下になるとインフルエンザやコロナにとっては










増殖環境に適している季節でもあります。










夏の疲れを引きずらず、免疫力をつけていきましょう。










栄養バランスを考え、人混みを避け、










手洗い、うがい、喉の乾燥を防ぐ為、マスクをする。










質の良い睡眠を取り、










適度な運動、オンとオフを切り替え、リフレッシュしましょう。










長いコロナ禍で疲れも出ていますが、各自でコロナ禍を乗り切りましょう。










今回10月の生薬の花は「オケラ」を取り上げました。










オケラはを告げる若葉の山葉はゆでたり、天ぷらにして親しまれています。










梅雨の湿気払いやカビ防止に利用されています。










真夏の夜には







オケラの根茎白朮(びゃくじゅつ)をいぶした煙で蚊を追い出すことも行われたそうです。










大晦日、元旦の朝、京都にある八坂神社では「おけら参り」が行われます。









無病息災、厄除けをお参りし、その火を持ち帰り、









元日の雑煮を煮たり、神棚や仏壇の灯明を灯したりします。










おけらの根茎白朮(びゃくじゅつ)と言いますが、白朮は「おとそ」の原料としても知られ、









数種類の生薬が配合され、年中の邪気を払い、福寿を招くと言い伝えられています。










自生するものが少なくなっており、絶滅危惧種にリストされています。










10月の生薬の花








オケラ








キク科









多年草









茎の頂にアザミに似た花
茎の頂に紫紅色の筒状花だけの頭花を単生する








生薬部位    根茎       白朮(びゃくじゅつ)
秋から冬にかけて掘り出し、乾燥させたもの








主要成分 アトラクチロン(セスキテルペン)








主な薬効 健胃、整腸、利尿、止汗
漢方では利尿、健胃、腎臓機能の改善や身体疼痛、胃腸炎、浮腫の為に用いられる








白朮が入っている漢方処方






半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
二朮湯(にじゅつとう)






 

2021-10-01 13:11:00

折りたたむ

9月のごあいさつ

晩暑の候










猛暑にコロナ禍のストレスが加わり、梅雨のような大雨、










異常気象、東京五輪、緊急事態宣言が発令、










さまざまな事で頭を使いすぎて、脳にとっては過去最悪の環境となっております。










皆様いかがお過ごしでしょうか?










ストレスは、自律神経の乱れを起こし、脳にとっては二倍のダメージです。










脳がエネルギーを作る時、副産物として「」と「活性酸素」が生まれます。










脳は、働きすぎると熱くなります。










パソコン、スマホも長時間使うと熱くなり、オーバーヒートを起こします。










脳を使いすぎないように!!










また、活性酸素は細胞を酸化させ、










(白髪、毛が抜けやすく、物忘れなどを起こす)炎症を起こします。










老化を早める物質とも知られ、










過度のストレスや紫外線、たばこ、飲酒、車の排気ガス、電磁波などによっても発生します。










コロナに負けない免疫力作り、メンタルを強くもち、気分転換などをし、










腹八分目、適度な運動、質の良い睡眠を取り、脳をリフレッシュさせましょう。










この暑さの中、頭の熱を下げる為、頭をアイスノンなどで冷やすと、










寝入りやすくなるので試してみてはいかがでしょうか?










今回の生薬は夜に咲く花、ウリ科の「キカラスウリ」










(夕方暗くなってから開き、朝には枯れてしまう花)を取り上げました。











直射日光を遮るので、庭の夏のグリーンカーテンになり、温度上昇を抑えます。










ウリ科の植物は、夏の野菜、果物










(ズッキーニ、ヘチマ、トウガン、ゴーヤ、キュウリ、ウリ、 メロン、スイカ)などがあります。










①清熱作用(熱を除去する)があります。










②食べ過ぎると冷えるので、食べ過ぎには注意して下さい。










キカラスウリ(黄鳥瓜)









ウリ科










つる性多年草









花の色は白色、五枚の花びらは先端がレースのように裂けて放射線状に広がっている










主成分     トリコサント酸










使用部位    根       カロコン(瓜呂根)










主な薬効    血糖降下









漢方では止渇、解熱、鎮咳、排膿、天花粉の原料








漢方処方









柴陥湯(さいかんとう)










柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)









柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)










カラスウリよりも花も葉も大きく、実は7〜10㎝。
熟すと黄色く色付きます。









皆様気候不順ですので、御自愛下さいませ。
 

2021-09-01 17:35:00

折りたたむ

8月のごあいさつ

盛夏の候










夏のお疲れが出てくる頃、いかがお過ごしでしょうか?










今年は世界でも災害が多く、異常気象ですね。










また、一年延期でコロナ緊急事態宣言発令の中、










7月23日東京オリンピックの開会式がドラゴンクエストの曲で









206カ国の入場行進されている選手団を見たら、










良かったなぁと感動しました。










世界中の人々にとって多くの人々の記憶にいつまでも残り続ける










希望の明かりとなるような素晴らしい大会になりますよう、










また、コロナ禍でスポーツの素晴らしい力と勇気を頂き、










無事オリンピックが終わり、世界中が一丸となって









コロナ禍でも元気で過ごせる日になるよう祈ってます。










 今回8月の生薬は8月に花をつけるハッカ(薄荷)を取り上げました。









感染防止の為マスクが手放せませんが、









マスクにハッカ水を1プッシュすることで、リフレッシュ出来ます。









花粉症の時にもよく使われます。










ハッカ水は水200㎖にハッカ油1滴を入れ、よく振り、出来上がりです。









虫除け効果もあります。









1日で使い切って下さい。残りはタオルにつけて体を拭くとスカッとします。









主成分であるメントールの作用で呼吸と共に










鼻や口からメントールが吸収され、粘膜による冷感センサーが刺激され、









脳に「冷たい」という信号が送られ、ひんやり冷たく感じられます。










体温が下がる訳ではないので、熱中症対策にはこまめな水分補給して下さい。










漢方で使うハッカ(別名ミント)は和種ハッカのことです。










ハッカには大きく分けて3種類あります。










和種ハッカ           解熱、発汗、健胃作用がある
                  漢方処方に配合されている
                  成分 ℓメントール

セイヨウハッカ         別名ペパーミントと呼ばれ、アメリカやヨーロッパが産地
                  セイヨウハッカは苦み
                  メントールの香りが強すぎないので、
                  菓子の清涼剤、ハーブティー、リキュールなど食品や香料として使われる

ミドリハッカ           別名スペアミントと呼ばれ、主にアメリカが産地
                  ℓメントールをほとんど含まず、
                                                                甘い香り、苦みがないのでハーブティーとして使われる










ハッカ(薄荷)










8月~9月頃、葉の脇に輪状に多数の小花をつける










主要成分      メントール(モノテルペン系)
       モノテルペンの香り成分はリラックス作用あり










使用部位       全草
         開花前に地上部を刈り取り、陰干し
         漢方では解熱、発汗、健胃の為に用いる








薬効     中枢抑制、血管拡張の効果
        芳香性健胃、風邪の熱、頭痛
        めまい、消化不良、歯痛など









ハッカが入っている漢方処方










川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)










加味逍遥散(かみしょうようさん)










荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

2021-08-01 12:25:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop