TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ

クリニックブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

2月のごあいさつ

冷たい空気の中でも梅の蕾がほころび始めました。



梅の開花のイラスト





皆様、いかがお過ごしでしょうか?




コタツでくつろぐぴょこのイラスト




私は1月8、9日漢方勉強の為、院長と共に漢方合宿に行ってきました。









漢方家の須藤先生のお取り計らいにより、









なんと張仲景の子孫で中国医師の先生がお話をして下さいました。









漢方を学ばれた方は、必ず知っておられる張仲景は、









今から2000年ほど前の漢の時代の方で、もともと官僚でした。









しかし、200人ほどいた自分の親族が病によって10年余りの間に









3分の2が命を落とされ、その7割が「傷寒」によるものであったことから










官僚を辞し、医師となり尽力を尽くされました。









長い歴史を経て、今なお日本でも使われている漢方薬のほとんどが









この中に収められている著者でもあります。









この「傷寒」という病気、感染症の総称ではないかと言われています。









張仲景は「傷寒論、金匱要略」の著者であり、









その功績から医聖と称えられています。









2000年続いておられ、張仲景のお墓もお守りされている子孫の方にお会いでき、









また2000年前の漢方薬が今の感染症にも応用できる素晴らしさに感銘を受けました。










またコロナ禍で世界異常気象の中で漢方薬、ジェネリックの生産が追いつかず、









患者様が服用出来なく、困る状態に陥っています。









勉強会でも病気にかからないよう予防をしましょうとのことでした。



予防注射を受ける人のイラスト(女性)





まずは、日々の体作り、質の良い睡眠、体の良い食事、










ストレスを溜めないように致しましょう。










10年に一度という寒波が到来し、









1月24日から吹雪、強風、積雪、低温度でびっくりしました。




雪の積もる車のイラスト





部屋は暖かくして、外に出る時やお風呂に入る時などヒートショックにならないよう










各部屋、温度差が少なくなるように部屋を暖めておきましょう。




暖かい部屋のイラスト





ウイルスは乾燥が好きです。









お部屋は湿度を保ち、外に出て帰ったら、手洗い、うがいをしましょう。




うがい・手洗いのイラスト





また節分には豆まきをして、邪気を払い除けます。




豆まきのイラスト(節分)




2月の生薬は冬でも緑色の葉を対生につけて









寒い冬も耐え忍ぶところからこの名が生まれました。









忍冬(にんどう)別名スイカズラを取り上げました。









花は白色(銀)から黄色(金)に変化することで金銀花と呼ばれます。










花の香りも良く、香水やアロマオイルとして人気です。










風邪薬に使われる生薬です。









忍冬(にんどう)


スイカズラ に対する画像結果




スイカズラ科






花は5〜7月頃花びらが上下に大きく二つに分かれたような形







清熱、解毒効果があり、発熱や筋骨疼痛に用いられる






生薬部位      葉茎(秋冬に刈り取り天日干し)






生薬名    忍冬(にんどう)


忍冬 生薬 に対する画像結果



 成分      タンニン
       ロガニン       苦味配糖体






漢方処方      治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)     
            (湿疹、乳幼児の湿疹)







生薬名     金銀花(きんぎんか)



金銀花 花蕾 に対する画像結果



生薬部位     花蕾(からい)花が開く前に採取し、乾燥






成分      タンニン
      ルテオニン







漢方処方     銀翹散(ぎんぎょうさん)
         (熱感のある喉の痛い風邪)






余寒厳しき折、ご自愛専一にてお願い申し上げます。



恵方巻きを食べる人のイラスト


 

2023-02-01 12:44:00

折りたたむ

1月のごあいさつ

初春の候




ダルマと「明けましておめでとうございます」のイラスト




コロナは2019年12月初旬中国の武漢で感染し、パンデミックとなり4年目となりました。









コロナ禍でのお正月、今年は卯年です。









うさぎはぴょんぴょん跳ねるので、飛躍の年と言われ、









新しいことに挑戦するのに最適な年と言われます。









皆様、いかがお過ごしでしょうか?




ウサギの兄弟のイラスト(卯年)




今年は国際情勢も経済も冬の寒さも厳しいですが、









山高ければ超えての後の喜びも格別というものと言われますが、辛い時期でもあります。








マイナスと考えずプラス思考で考えて、笑ったり、泣いたりして、









生きているだけまるもうけ」と明石家さんまさんが言ったように









死んで何ももっていけません。









執着なく何事にも感謝の気持ちを持って、過ごしたく思います。









昨年12月19日サッカーワールドカップカタールでのフランス対アルゼンチンで









世界で約30憶人が応援されていたそうです。




パブリックビューイングのイラスト




スポーツの力は最高で、元気を貰いました。









1986年メキシコ大会以来36年振りとなる世界最高の選手として、









7度受賞するなど輝かしいキャリアを築いてきた神の子主将メッシが









失望がなければ成功はやってこない。さあ行こう。アルゼンチン」と









勝ち切る力の執念での勝利でした。









素晴らしいエネルギーを貰え、今年も良い年となりますよう願って三社参りに行きます。





初詣のイラスト「カップルで初詣」



皆様に心配をお掛けしてご迷惑をお掛けしています院長は









レーザー手術後も腰痛もありますが、頑張って今年もリハビリをして、









寒さ、冷えは大敵ですが、気を張らせて、










日頃の健康管理、うがい、手洗い、睡眠を十分に取って、足腰を冷やさないよう精進してまいります。









皆様もお正月は暴飲暴食となりがちです。




正月太りのイラスト




体を温め、冷やさないよう適度な運動を心掛け、









バランスの整った食事、生活リズムを正しくし、ストレスを溜めないようにしましょう。









皆様にとっても良い年となりますようお祈りしています。



破魔矢のイラスト「ウサギと破魔矢」





1月の生薬は福寿草を取り上げました。









お正月を祝う時期に咲くことから名前もおめでたい「福寿(幸福と長寿)」と付けられました。









濃い黄金色の花、別名元日草と呼ばれ、光や温度に非常に敏感で、









昼間でも日が遮られる1~2分で花がしぼみ、再び日があたるといつの間にか花が開きます。









寒い時期に咲く為、花の中の温度を下げないようにすることで懸命に生きていることに感動します。









花が終わる頃、人参の葉のような細かい葉が出てきて、一面に広がります。









お花を見ているといつも健気で、パワーを貰い、元気になれます。









1月の生薬の花








福寿草


福寿草 に対する画像結果




全草が非常に危険な有毒植物なので決して食べないでください







成分     アドニン、シマリン
        (ステロイド強心配糖体)






薬用部位       根及び根茎



福寿草 根 生薬 に対する画像結果



作用         強心、利尿に用いる






漢方では全く使わない






西洋医学でチンキ又は浸剤としてジキタリス及びストロファンツスの補助用として用いられる







絶対家庭では応用してはならない







コロナ禍もあり、寒さも厳しさを増しております。








くれぐれもご自愛下さいませ。


 初日の出のキャラクター

2023-01-01 15:23:00

折りたたむ

12月のごあいさつ

冬晴れが心地よい師走の候、







コロナ禍、お健やかにお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?







暗い世の中、サッカーW杯で、







ドイツに逆転勝利で元気を貰いました。







暗くても生きている時間は同じなので、







明るくして行きましょう。







楽しくない時でも大声で笑ったり泣いたりするのは、







体に良いことです。







院長は11月に脊柱管狭窄症のレーザー手術をし、







結果良好でございます。







皆様には御迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。







術後1週間後にリハビリを始め、







院長のリハビリは、私の責任でもあると患者様から言われ、







また、「先生元気になって、最後までずっと見て下さいね」と言われ、







心を動かされ、毎日頑張っております。







冬に向かい、寒さで冷え、疲労、ストレスが溜まりやすく、







乾燥しがちになります。






ウイルスは乾燥が大好きなので、湿度も必要です。







寒さで換気も不十分になるので、クラスターが発生しやすく、







コロナ、インフルエンザ、風邪にかかりやすい季節です。








その為免疫力を上げるには、







低体温にならないよう食事のバランスは大切です。







冬は果物では、りんご、みかん、レモン、キウイフルーツが旬、







野菜では、白菜、ほうれん草、大根など旬です。







寒さで凍らないよう細胞に糖を蓄積する為、







冬野菜は、甘くて美味しく感じます。







ビタミンやカロチンなど栄養価が高い為、免疫力を高めます。







お鍋などして体を芯から温め、寒さを乗り切りましょう。







行動制限がないので、年末年始はコロナ第8波が来るようです。







帰宅後、手洗い、うがい、三密を避け、必ず換気をしましょう。







ウイルスは乾燥を好むので、湿度を保ちましょう。







腸内環境を整え、質の良い睡眠、適度に体を動かしましょう。






12月の生薬の花はつわぶきを取り上げました。







花言葉は「困難に傷付けられない」です。







つわぶきは真っ直ぐに茎を伸ばし、凛と立ち、







黄金色の花は冬を明るく彩り、冷たい雨に打たれても、







鮮やかさを保ち、陰でも育ち、







こぼれ種でいつの間にか増え、







冬の寂しい庭を元気にさせてくれます。







12月の生薬







ツワブキ







キク科      常緑多年草







晩秋から冬にかけて菊に似た一重の黄金色の花をつける







生薬の部位    根茎    タクゴ







成分     ヘキセナール




強い抗菌作用、健胃、食中毒、下痢に対する効果があります







心忙しい年の暮れ、何かとご多用とは存じますが、







何卒お気を付けて、年末をお過ごし下さいませ。


 
 

2022-12-01 12:46:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop