TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ

クリニックブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

3月のごあいさつ










庭の木々の芽もふっくらとしてきました。





皆様、お元気ですか?





今年は、暖冬とのことで雪かきはせずに
ありがたかったです。




桜の開花は、昨年より早いとのこと
楽しみですね。



おすすめは、たくさんありますが
彦根城の桜です。










お城の堀に浮かぶ桜は
朝と晩の桜の顔が違い
陰陽の姿、最高です。




夜は、ライトアップされ
午後9時30分頃が空いています。



また、海津大崎の湖岸沿いに咲く
桜花のトンネルは見事です。




時期は湖北なので、少し遅れますが
何回行っても感銘を受けます。




ところで競泳の池江璃花子選手は18才という若さで
金メダル数でアジア女子と日本選手の1大会最多獲得記録を
塗り替えた「アジアの水の女王」として頑張られて
あの若さで、あのメンタルの強さは
どこからでるのかと、応援してきましたが
2月12日白血病であるというニュースが
入ってきましてびっくりしました。













また、本人が「決して1人で背負い込まず
じっくりと強い気持ちと病と戦う」とのこと
病も吹っ飛んで、早く元気になることを
お祈りしております。





春の到来は、花粉症には
つらい季節の始まりです。













漢方は、眠気がないですが、体質によって
効き目が違います。





自分の体質を見極め、体に良い食事
適度な運動、ストレスを溜め込まず
体質改善が必要です。



漢方薬も選ぶことが大切です。





 「寒証」と「熱証」が体質を見極めるポイントです。




寒証の人は、体が冷えた状態で透明な鼻水
風邪を引きやすい、胃が弱い、冷え性など虗弱体質



熱証の人は、暑がりで鼻水の時、顔がほてる
舌苔や咽頭部が赤いなど、体の冷えやすい漢方を使用します。







今回の生薬は、寒証に使われる


附子(ぶし)」や「細辛(さいしん)」は、体を温める作用があります。




体を温めて鼻水を取り除く
細辛を取り上げました。











3月の生薬





ウスバサイシン (薄葉細辛)






aaaaa   ウマノスズクサ科   多年草












 生薬   細辛(サイシン)














    根茎 : 細茎


























成分  :  メチルオイゲノール




薬効  :  鎮咳、去痰、解熱、鎮痛





細辛のは入っている漢方処方




麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)




立効散(りっこうさん)




小青竜湯(しょうせいりゅうとう)







山地の樹陰に自生するウスバサイシンは
観賞用としても、栽培されています。




薄葉(ウスバ)」は、葉の厚さが薄いことから

細辛(サイシン)」は、葉用とされる根が細かく辛く
辛味があることからつきました。






注意

地上部は、重篤な腎障害を起こす
恐れのあるアリストロキア酸を含有するので
地上部の根は取り除き、根茎と根を用います。






漢方では重要薬効とされ虗弱者の内臓を
よく温めるとされます。





ウスバサイシンは、ヒメギフチョウが
この葉にしか、卵を産みつけないことから
チョウを育てる方達には、大事な植物です。










(春の女神と愛称されるチョウ)





幼虫は、ウスバサイシンの葉、茎、花まで
すべて食べ丸裸にしてしまいますが
翌年も元気に芽を出すようで
自然界の絶妙なバランスとして
お互いなくてはならない存在です。












春はもうすぐそこまで来ています。
とはいえ、寒い日もございます。




ご自愛ください。











 

2019-03-01 00:00:00

折りたたむ

2月のごあいさつ








梅のつぼみもふくらみ始めましたが
2月が1番寒く雪が多い月でもあります。




みなさんお元気ですか?



1月26日テニスの全豪オープンで大阪なおみ選手(21歳)が
ずば抜けた回復力と精神力、そして度胸で
ペトラ・クビトバ選手(28歳)を破って初優勝しました。











元気をもらいました。


なおみ選手は、チャーミングでキュートで大好きです。


これからも頑張って下さい。



今年はインフルエンザが猛威を振るっていますが
免疫力をつけていれば、また、栄養を取り
ストレスを抱えず、快眠で適度な運動をしていれば
恐れることはないです。












センター試験も終わり、今から受験シーズンです。




受験生の皆様、手洗い、うがい、栄養を取って
冷やさないように最善が尽くせるよう
お祈りしております。













風邪は季節や人によって異なり
症状が変化します。





感冒を治療する漢方薬は、驚くほど
多くの種類があります。




風邪などの病気の治療だけでも
傷寒論(しょうかんろん)」という1冊の
書物があるくらいです。









症状が異なれば、漢方薬も異なってくるので
その症状にあった漢方薬を服用しましょう。





生命力、抵抗力が低下した時や
ストレスなども関係してきます。





寒さなどの自然現象、血の停滞「瘀血(おけつ)」や
余分な水分痰飲(たんいん)」などで
胃腸の働きが、滞ったりするなど
また、人それぞれの体質も異なります。





自分にあった漢方薬を選んでもらいましょう。














余寒、厳しき折から、お身体を大切になさって下さいませ。














2月の生薬

スイカズラ



スイカズラ科


生薬

茎葉 :  忍冬


:  金銀花




スイカズラ「忍冬(にんどう)」は
寒い冬も耐え忍ぶことから
この名が生まれ、花は初夏に咲きます。





花は2個ずつ開花し、花の色は
最初、白色で、時が経つに従って黄色に変化します。












白花黄花が入り乱れて咲くことから
金銀花(きんぎんか)という名前といわれます。











忍冬(にんどう)










主要成分:タンニン、イリドイド配糖体


利尿、鎮痙、抗菌、抗炎症作用




忍冬は、浴剤として用いると腰痛や痔の痛み
湿疹、あせも、ただれによく
皮膚を美しく美容に良い。










金銀花










主要成分:クロロゲン酸、ルテオリン
消炎、抗菌、抗炎症、抗酸化作用





金銀花が入っている漢方薬



銀翹散(ぎんきょうさん)


中国の医学者「温病条弁(うんびょうじょうべん)」
に収載されている薬方です。


寒気のある風邪に葛根湯が効くのに対して
喉の痛い時に適しています。


この薬は、健康保険  適応外の漢方薬です。




私は喉が痛いと、桔梗湯(健康保険適用)
ぬるま湯で溶かし、うがいしたあとは
これを服用します。



甘草が入っているので
甘く飲みやすい漢方薬です。



私は 忍冬のように忍耐をつけ
笑顔で頑張れば、なんとかなると
信じています。
 






 

2019-02-01 00:00:00

折りたたむ

1月のごあいさつ






明けましておめでとうございます。











今年は200年ぶりで江戸時代後期の光格天皇
以来およそ200年ぶりで生涯天皇で
あり続ける制度が導入された
明治以降では初めての天皇の退位です。



5月1日で平成が終わり、新しい時代が始まります。


年号は、何になるのでしょうか。



「今年の抱負」は決まられましたか?



私は毎日適度な運動を
継続することを心に誓いました。














昨年は、地震、台風などで
「当たり前が当たり前ではない」
生かされていることと、そうなった時どうするかを
学びました。



ソフトバンクの通信異常で搭乗券の読み込みが困難になり
空港では、混乱したそうです。



また、スマホ決済や、電車の乗り降りが混乱し
スマホによる依存の恐さを感じました。



スマホから離れる習慣を数時間でも
作らないといけないと思います。





1月、2月、3月と寒さが厳しくなる時期でもあり
冷え、疲労、ストレスにより、インフルエンザ、風邪などに
かかりやすいですね。












また、目まぐるしく変化する社会環境などから
受けるストレスが「免疫」のシステムに
影響を及ぼしているかと思われます。











免疫力アップの4つのポイント





①低体温を防ぐ


人の体は36.5度ぐらいで免疫力が発揮
できるようになっています。


体温が1度下がると、自然免疫の主役である
白血球の働きが3割以上も低下します。


免疫機能をつかさどる働きも低下してしまいます。


食が免疫力を高める為の基本です。


発酵食品には酵素が豊富に含まれている為
酵素は、エネルギー代謝に深く関わっています。


代謝を促し、体温を高めることに繋がります。


発酵食品を摂り、バランスの良い食事を取りましょう。


 











②腸内環境を整える



腸と脳は、密接な関係があり、神経系を通して
連携しています。


「適正な腸内細菌が、心の健康に良い」
また、ストレスが腸内細菌のバランスを
変化させることもあります。









ストレスケアにも配慮すれば、心、身体、腸の
より良い環境を生み出せる可能性があります。











③質の良い睡眠



睡眠中は、体の修復機能が働き
傷ついた 細胞などを、元の状態へ戻そうとします。


目覚めている時は、その機能が
ほぼ停止していますので
修復がうまく行われなくなり、体が疲れを
感じたままになることがあります。


寝すぎる睡眠も、体の動きが少なくなることで
代謝が下がり、免疫機能がうまく働かなくなります。



集中力が下がり、疲れたと感じたら
おいしい質の良い物を食べ、お風呂に入り
頭を空にして、眠ることをお勧めします。




















④適度に体を動かす



体を動かすことを怠っていると
その機能が衰えて筋肉は、血液やリンパ液の流れを良くし
体に必要な栄養を運び、免疫力もアップしてくれます。



また、「エネルギーの冷蔵庫」ともいわれ
細胞をつくるのに必要なエネルギーを
蓄えておくことが出来ます。



脂肪は長時間に対して、筋肉は短時間しか
エネルギーを蓄えておくことができません。



少しずつでもいいので、体を動かして
筋肉を増やし、元気な新しい細胞を
作り出すことが出来るように
することが大切です。







お正月 食べ過ぎに気をつけて良い年となりますよう
お祈りしております。



























1月の生薬  ダイダイ(橙)












ダイダイは橙と書きます。





果実は、晩秋から冬にかけて
黄金色に実り、この果実を取らずに
越冬させると、その年の夏には
緑色の果実に戻ります。














そうして 、2年目の冬に入ると
再度、黄金色になります。









1年目に比べて赤味が強く、やや大きくなっています。




今年も去年も落ちずに、代々果実をつけるところから
この名前がつけられました。



代々、黄金色の実をつけることで
お正月の飾りに用いられます。










果皮 トウヒ(橙皮)











主要成分 リモネン




主な薬効 健胃



漢方処方  苦味チンキ、トウヒシロップ
       トウヒチンキ













果実  キジツ (枳実)











主要成分 ナリンギン



主な薬効 健胃



漢方処方   四逆散(しぎゃくさん)

                 大柴胡湯(だいさいことう)

                  排膿散(はいのうさん)

                  順腸湯(じゅんちょうとう)










 

2019-01-01 00:00:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop