TEL 0749-42-7506
〒529-1314 滋賀県愛知郡愛荘町中宿31-3

クリニックブログ

ブログ

HOME»  クリニックブログ

クリニックブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

4月のごあいさつ

うららかな春の日差しが心地良い、









また清々しい風の季節となりました。










皆様いかがお過ごしでしょうか?










まさに生命力を運んでくる春ですが、










強い春風は気の巡りを妨げ、イライラ感や不安感も引き起こします。










コロナ禍での花見、入学式、新学期、転勤など










新しい環境で生活する方も心膨らむ季節でもあります。










先々週、勉強会で京都武田薬草植物園に行かせてもらいました。










ほとんどの生薬は中国からの輸入に頼っています。










便秘で使う大黄も3年かかって、










やっと生薬として使われているそうで、作る方がいないそうです。










生薬栽培することの大変さを感じ、










御苦労されているのがひしひし感じられました。










東京ドーム2個分の大きさのあるところですが、










大雨で足元が悪いとのことで、今、最高に美しく咲いている春椿が










見られなくて残念でした。










ハウスの中の見学でコブシの花の蕾を味見をさせてもらい、










とても苦かったです。










今回の生薬はコブシを取り上げました。










コブシは「田植え桜」と別名があり、











コブシの開花を農作業の準備の目安に使うことで知られ、










花はレモンの香り、乾燥させた蕾は漢方で辛夷(しんい)と呼ばれます。










辛夷は漢方では、気を開く作用があります。










辛味と共に温性を持つ植物です。










今、まさに花粉症真っ只中ですね。










鼻の病気を放っておくと頭重感、頭痛、イライラなど










精神と肉体の両面の活動低下になりやすいので、気を付けましょう。










4月の生薬










コブシ









モクレン科









桜と同様に葉よりも早く芳香のある
白色の花を咲かせる











生薬部位        花蕾(辛夷)しんい










主要成分     精油 コクラウリン










薬効     抗菌、鎮静、鎮痛










漢方では鎮静、鎮静を目標に
気を開くとのことで鼻炎、蓄膿症、頭痛に用いる










漢方処方










葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
川芎、辛夷の組み合わせ
鼻づまり、鼻炎に効く










辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
辛夷と黄芩と山梔子の組み合わせ
慢性鼻炎、蓄膿症、頭痛に効く










新しい学期です。










皆、緊張せず、何とかなるという精神で元気に過ごしましょう。

 




2021-04-01 12:57:00

折りたたむ

3月のごあいさつ

三寒四温を実感する気温差のある季節ですが、












今年は特に春かと思えば冬を感じ、










体に負担がかかりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?










3月3日はひな祭りです。










現代のようにひな人形を飾って祝うようになったのは










江戸時代の初めと言われています。










昔は、五節句と同様、










人形は災厄から人を守る存在だったそうです。










ひな人形モデルにコロナ終息の願いを込めて、










老舗久月さんは小池東京都知事と吉村大阪府知事を










モデルにしたひな人形を作られたとのことです。










コロナが終息するのはいつになるのでしょうか?










感染しにくい体作り、免疫力を高める為、










適度な活動性と休養のバランス、ストレスを減らし、










ポジティブ思考、体を温める、冷えは万病のもと、










多くの病の根源はがん、脳血管障害、心疾患など










冷えによるものと考えられます。










腸内環境を整え、食事のバランスを考え、










昼夜逆転にならないよう決まった時刻に起きて、










よく噛んで食事を取り、日光の光を浴びて、










ビタミンDを作りましょう。










ビタミンDは油性なので、取り過ぎないようにしましょう。










質の良い睡眠はメラトニンの分泌量が多くなる










深夜1~3時に深い眠りに入っている状態を作りましょう。










3月の生薬は川芎(センキュウ)を取り上げました。










冷えに効く生薬2月に取り上げた当帰(トウキ)と










一緒によく使われる川芎(センキュウ)ですが、










互いに相乗作用で効果が高くなります。










入浴にも同じ効果があると言われています。











その為入浴剤には当帰と川芎は必ず両方が入ってます。










私が好きなのはツムラのくすり湯バスハーブです。










当帰と川芎が入っていて、生薬エキスが温浴効果を高め、血行を良くし、










体を温めて、最高にリフレッシュ出来ます。










コロナ禍で温泉に行けない私は毎日癒しの為に使ってます。










婦人薬で有名な当帰芍薬散も当帰、川芎が配合され、










血流循環不全によって起こる婦人の疾患に使用される。










3月の生薬










川芎(センキュウ)










セリ科









多年草










生薬部位    根茎   センキュウ(川芎)










主要成分     クニジリド










活血薬(補血、強壮、鎮静、鎮痛薬)










(頭痛、貧血、めまい、冷え)月経不順の薬










漢方処方










温経湯(うんけいとう)










温清飲(うんせいいん)










疎経活血湯(そけいかっけつとう)










四物湯(しもつとう)










女神散(にょしんさん)










当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)










コロナに負けない体作りをしましょう。








春寒の折からくれぐれもご自愛下さい。










2021-03-01 13:48:00

折りたたむ

2月のごあいさつ

向春の候









今年は例年より全国的に降雪も多く、










底冷えのする日が続いているかと思えば、










春のような暖かい日があり、気候不順です。










皆様いかがお過ごしでしょうか?










2月が一番冷えると言われ、










コロナ禍での入試で、学生さんも大変ですね。










コロナ予防接種やオリンピックなど、問題は山積みです。










さて、2002年から2011年のゆとり教育による影響や









働き方改革が良いとは謳われていますが、










頑張らなくても何とかなると思う事が










正しい事のように思われてきました。










その考え方は一部正しい反面、人間が持つ「より良く生きたい」という










欲求や願望の否定につながってしまいます。










結果、無気力な夢も希望もない生き様を送ってしまう人が増え、










働く事は負ける事のような間違った考えを持って、生きます。










「頑張りすぎない」生き方でなく、










実際は嫌であっても「頑張る」という事が










必要だと分かっているからではないでしょうか?










「頑張りすぎない」生き方だと










必ず行き詰ってくるシーンが出てくるから










実際、コロナ禍によって行き詰まりを実感する事が










大なり小なり多くの方にとって実感されたからです。










後で後悔するくらいなら、









最初から本気で物事に当たる事が大切だと思います。










コロナで色々な事を教えられました。










さて、2月が一番冷えると言われ、










体の末端である手足の冷えが気になります。










「冷え」の原因は血流の流れが悪いとも言われますが、










西洋医学では病名がなく、東洋医学では未病と言われます。










腸内環境やストレスや食事の偏りや背骨の歪みなど










色々ありますが、体のエネルギーを作り出すミトコンドリアは










筋肉に多い為、筋肉が少ない女性やお年寄りより










運動不足の方に多い為、まず、筋肉をつける事が必要です。









ストレスで脳に疲労や免疫力低下も冷えが原因、










手足の冷えは「全身の冷え」のサインと言われ、血行不良です。










冷えを感じない方でも血行不良になると体の代謝機能が低下し、










エネルギー不足に陥る為、慢性疲労、気力減退、心身の活動レベルが










落ちやすくなり、憂鬱になります。










とくに冬季うつになりやすくなります。










免疫力低下は解毒が上手くいかない為、










体に害を及ぼす老廃物が増え、免疫が過重労働により










感染症になりやすくなります。










大きな筋肉のある肩甲骨や太ももを温めるストレッチなど










また体を冷やさないようカイロを貼ったり、










呼吸が上手く出来ない方も見られますので、










腹式呼吸が出来ているか確認するのも必要ですね。











お風呂にゆっくりつかり、体を冷やさないようにしましょう。










また、栄養バランスに心掛け、質の良い睡眠を取りましょう。










2月の漢方生薬は一番寒い月、冷えを取るという事で










当帰(とうき)を取り上げました。










当帰は「理血剤」りけつざいと言われ、










血の流れを整える作用があります。










血を巡らせ、「瘀血」おけつを取る。










疲労や精神的ストレスを指摘され、










肩こり、生理不順、冷え症など症状が出現し、










低体温で免疫力の低下は感染症になりやすいので、避けたいものです。










以前伊吹山に登った時、中腹の草原に群生していました。










伊吹当帰(イブキトウキ)はミヤマトウキとも言われます。










以前薬用として作られていたそうです。










花火のように花が咲いていた事が思い浮かびます。 










2月の生薬










トウキ(当帰)










セリ科










多年草










主要成分   リグスチリド










主な薬効  強壮、鎮静、鎮痛、補血










主要部分       トウキ(当帰)











漢方において当帰は婦人科の主薬
血液循環を高める









当帰の入った漢方処方










当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)










当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)










当帰飲子(とうきいんし)










清暑益気湯(せいしょえっきとう)










2月は節分で豆まきをして邪気をとり、










コロナに負けない体作りをしていきたいです。










皆様ご自愛ください。

2021-02-01 14:15:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
PageTop